【新・悪韓論】ネット投票勝利術とサイバーテロは現代韓国の国技だ (1/2ページ)

2015.04.16


人気グループ、2NE1。左から3人目がCL【拡大】

 芸能記事だからといって、バカにしてはいけないと反省した。韓国紙に載った1つの芸能記事は、その国民性をよく表していた。

 「2NE1のCL、世界で最も影響力ある人物で1位に」(中央日報、4月11日)

 この新聞見出しを見て、何のことだか理解できる日本人は、どれほどいるだろうか。私は何のことやら、さっぱり分からなかった。

 ネットで調べてみて、「2NE1(トゥエニィワン)」が、韓国の女性ボーカルグループの名前であり、「CL」がリーダーのイ・チェリンの略称(李の韓国語発音はイだが、文字で示す場合は『Lee』とすることが普通)であることが、ようやく分かった。

 それでも、その歌手がなぜ、「世界で最も影響力ある人物」なのかは分からない。

 本文を読んで、米タイムス誌が「世界で最も影響力ある100人」のオンライン投票を実施したところ、CLが6・5%の得票率を得て、ロシアのプーチン大統領と同率で1位になったというのだ。

 プーチン大統領が登場するのだから、芸能人だけを対象にした人気投票ではないはずだが、3位は米歌手、レディー・ガガ(2・6%)。4位はカリブ海・バルバドス出身のR&B歌手、リアーナ(1・9%)、5位には米歌手のテイラー・スウィフトと、英女優のエマ・ワトソン(1・8%)と芸能人ばかりだ。

 軍事大国の指導者も、小国の歌手も同じ土俵に上げた“お遊び企画”なのだろうが、「CLは現在、米国でソロデビューを控えている」という記述にビックリした。ネットだから、どこからでも投票できるとはいえ、本拠地の米国で、まだソロデビューを果たしていない韓国人歌手が、芸能音痴の私すら知っているレディー・ガガの2・5倍もの票を得たというのだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。