【断末魔の中韓経済】韓国「失われた20年」の始まり 経済学者の8割「デフレに突入」 (1/2ページ)

2015.05.13

★(2)

 韓国の毎日経済新聞は8日、韓国の経済学者の8割が「韓国経済はデフレ直前の状態であるか、すでにデフレに突入した」と判断していると報じた。

 別に、韓国の経済学者でなくても、同国の経済がデフレ化していることはすぐに分かる。何しろ、韓国の消費者物価指数の上昇率は、2014年12月に0・8%と1%を切って以降、すでに5カ月連続で0%台が継続しているのだ。

 しかも、韓国の4月の消費者物価指数は対前年比0・4%上昇だったのだが、「たばこ」の物価寄与度が0・6%となっている。すなわち、たばこの値上げ分がなければ、すでに韓国のインフレ率はマイナスに突入していることになる。

 韓国の貿易黒字は拡大傾向にはあるのだが、例によって「輸出の増加」ではなく、「輸入の減少」による「経済縮小型黒字拡大」になっている。貿易黒字とは「財の輸出マイナス財の輸入」で計算される。輸出の増加のみならず、輸入の減少もまた、貿易黒字を拡大させるのだ。

 韓国・産業通商資源部によると、同国の4月の輸出は前年同月比8・1%「減少」の462億2000万ドル(約5兆5385億4260万円)だった。それに対し、輸入は何と17・8%「減少」の377億3000万ドル(約4兆5211億8590万円)に終わった。輸出が減少したにも関わらず、それ以上に輸入が縮小し、貿易黒字が拡大する。典型的な「経済縮小型黒字拡大」である。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。