【ソウルから 倭人の眼】現実無視できず プライドも捨てられず「孤立」憂う韓国の“独り相撲” (4/4ページ)

2015.06.01


 韓国の朴槿恵大統領【拡大】

■尻をたたいたのは誰?

 外交での孤立をめぐる“韓国政府バッシング”に話は戻るが、どう見ても自らを孤立に追い詰めたとしか見えない外交に向けて、韓国政府の尻をたたき続けたのは、韓国メディアではないのか。ところが、その点を自省するメディア報道は、現在のところ確認できない。

 「過去、歴史問題に執着し過ぎたあまり、韓国は孤立した」「日本非難を続ける韓国に疲れた米国は、日本により近づいた」などと、韓国政府の外交を批判するメディアではあるが、つい最近まで、その同じメディアが歴史問題にこだわり、安倍首相の訪韓と演説を批判し続けていたのだ。安倍演説阻止に向けた韓国政府への命令的な主張も続出していた。

 韓国メディアの2カ月以上にわたる主張は何だったのか。機会があれば、筆者に直接聞いてみようと思っている。

■それでも“謝罪”は要求

 韓国では今も、米韓外相会談が尾を引いている。会談後にケリー米国務長官がソウルの在韓米軍基地で「北朝鮮の挑発に備えねばならない。高高度ミサイル防衛(THAAD)などについてわれわれが話す理由だ」と語ったことが波紋を広げている。

 韓国外務省では「米韓間でTHAAD配備についての議論はない」と急いで修正作業に入った。しかし、THAAD配備を警戒する中国に配慮する韓国に対し、米国のいらだちが聞かれる中でケリー発言は飛び出した。「韓米の温度差」(朝鮮日報社説)などと、韓国メディアは穏やかではない。

 米韓の問題はともかく、日本との歴史にこだわってばかりいる韓国に対し、ケリー長官は「後ろだけじゃない。前を見ろ」と暗に迫った。

 それでも、尹外相はケリー氏との共同記者会見で、「明確な歴史認識を示し、関係が好転することを願う」と強調し、相変わらず安倍首相に「反省」を要求。同時に、対日外交では歴史とそれ以外の問題(経済など)は分離してあたっていく考えを示した。

 自由な政策選択は結構なことだ。ただ、米国の困惑を考えているのか。経済で苦境に立とうが、それほどまでにも韓国は現在も日本に対するメンツにこだわっている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。