暗殺に怯える習近平国家主席 出されるお茶の毒味担当もいる

2015.06.17

  中国の習近平国家主席は国際社会では強面を見せているが、その一方、疑心暗鬼に陥り、暗殺を極端に恐れているという。中国共産党の内部事情に精通する産経新聞中国総局特派員、矢板明夫氏がレポートする。

 * * *

 権力闘争が激しい中国では、共産党指導者がライバルや党内の不満分子に命を狙われることはよくある。最も有名なのは、1971年9月に起きた林彪(りんぴょう)事件である。

 当時、党のナンバー2だった林彪国防相とその側近は、南方視察中の毛沢東主席の暗殺を企て、その専用列車を爆破しようとしたが、事前に計画の情報が漏れ、毛沢東は視察ルートを急きょ変更したため未遂に終わった。毛沢東が無事に北京に戻ったことを知った林彪は家族らと飛行機でソ連に逃亡しようとしたが、モンゴルで墜落死した。

 その後、トウ小平や江沢民に対する暗殺未遂事件もあったといわれるが、詳細は明らかにされていない。

 しかし、歴代共産党の最高指導者の中で、習近平ほど暗殺に怯える人はいないといわれている。全国人民代表大会(全人代=国会)などの会議に出席する際に、座る椅子やテーブルは必ず事前に複数の人によってチェックされ、出されるお茶の毒味を担当する人もいるという。

 刺客を警戒して、習近平は一般公衆の前に姿を見せることが最も少ない指導者でもある。米国の大統領や日本の首相などは選挙の際に、集会や駅前などで演説することはよくあるが、習近平にはまず考えられないことだ。

 今年3月、北京市公安局長の傅政華と国家指導者の警護を担当する中央警備局長の曹清(中将)とが同時に更迭され、習近平が信頼する元部下の王小洪と王少軍(少将)がそれぞれ登用された。暗殺に怯えるあまり、側近しか信用しなくなった習近平の猜疑心を窺わせた人事と指摘された。

 

 ※SAPIO2015年7月号

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。