【新・悪韓論】米国市場で大失速する現代自 2兆円で「現代自ビレッジ」造成している場合なのか… (1/3ページ)

2015.06.18


現代自動車は、世界中で低価格のクルマを売りまくってきたが…(AP)【拡大】

 韓国の現代自動車グループに元気がない。世界の自動車市場では5位だが、前期(2014年1〜12月)決算は、ウォン高の影響などで最終利益が前年比14%減と2ケタのマイナス成長。英調査会社が5月に発表した15年の自動車ブランド順位ベスト10にも、現代自のブランドは1つも選ばれなかったのだ。懸念される米国での販売停滞。ジャーナリストの室谷克実氏が、韓国の巨大財閥に迫った。

 王が自らの死後に入る巨大な墓の建設を命じたものの、その無理な建設プロジェクトが王朝そのものを短命化してしまう。東アジアには秦の始皇帝をはじめとして、そうした歴史が多々ある。しかし、いまどき王になった人物は、歴史の教訓など学ばないのだろう。私には、韓国の1人の王(=財閥会長)がいま、前轍を一歩一歩進んでいるように思える。

 韓国の財閥とは、創業者会長が絶対君主として君臨し、その親族なら職位とは離れた権限の行使まで許容される1つの王国のような存在だ(=たまたま、『間が悪い』と大韓航空のナッツ姫のような集中砲火に遭う)。朝鮮李王朝に例えれば、財閥の重役は両班(ヤンバン=貴族)であり、ブルーカラーは奴婢(ヌヒ)のようなものだ。

 旧現代財閥は、創業会長の死去とともに四分五裂した。が、それぞれが今も財閥であり、王国といえる。旧現代系の諸財閥の中で圧倒的な力量を誇るのが、現代自動車グループ(財閥)だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。