【新・悪韓論】朴政権「告げ口外交」破綻 スリ寄りに決して騙されてはいけない (1/2ページ)

2015.06.25


朴大統領は、ソウル市内で開かれた国交正常化50年の記念行事に出席した=22日(AP)【拡大】

 朴槿恵(パク・クネ)大統領が主導する「反日・告げ口外交」が破綻し、国交正常化50年(22日)に合わせて、日本にすり寄ってきたはずの韓国が先祖返りしている。同国の識者やメディアが「安倍晋三首相は謝罪しろ」「慰安婦問題の責任を認め、賠償しろ」などと大騒ぎなのだ。経済危機や国際的孤立を恐れて狼狽していたのに、何たる厚顔ぶりなのか。油断ならない隣国について、ジャーナリストの室谷克実氏が切り込んだ。

 自ら条件(障害)を設定し、それを理由に「だから、できない」と息巻く。誰もが、もう聞き飽きた頃合いに、自ら条件を有耶無耶(うやむや)にして「いよいよ、できそうだ」と狂喜する。そればかりか、「できたら、すべて良くなる」かのような幻想を周囲に振りまく。それでも良くならなかったら、言うことは決まっている。「日本のせいだ」−。韓国の朴政権のことである。

 朴氏は今月14日から訪米する予定だった。それを韓国内での中東呼吸器症候群(MERS)大流行を理由にしてキャンセルした。が、訪米を前提に組んでいた米国マスコミとのインタビューは断り切れなかった。

 朴氏は米紙ワシントン・ポストのインタビューで、「慰安婦問題での対日協議は最終段階」と述べた。

 尹炳世(ユン・ビョンセ)外相はヨーロッパの小国にまで足を踏み入れ、「日帝の悪行」を語り、「明治日本の産業革命遺産」がユネスコの世界文化遺産に登録されないよう“告げ口外交”を展開。それから米国に行き、飽きることなく“告げ口外交”をして、ソウルに戻るや、その足で「日韓関係正常化」の御旗を持って日本に来た。

 昨日までは「反日の告げ口外交」、今日は日本に来て「関係正常化」。日本人には、とうてい理解できない鉄面皮だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。