ギリシャ“居直り”EU側に妥協迫る チプラス首相「返済不可能」 (1/2ページ)

2015.06.30


国民投票でEU案に反対を主張する人たちの集会 =29日、アテネ市内(ゲッティ=共同)【拡大】

 ギリシャの国際通貨基金(IMF)に対する債務約15億ユーロ(約2065億円)の返済の期限切れが7月1日午前0時(日本時間同7時)に迫るなか、チプラス首相は29日夜、「欧州連合(EU)側との合意がなければ事実上返済は不可能」とぶちまけた。デフォルト(債務不履行)宣言による市場の混乱や融資焦げ付きを恐れるEU側に妥協を求めた形で、ギリギリの駆け引きが続く。

 チプラス首相は29日、同国の公営テレビに出演し、「30日までの合意がなければ返済はできない」と述べ、自力では債務を返済できない状態であることを初めて認めた。ギリシャへの支援融資72億ユーロ(約9700億円)は凍結され、デフォルトの可能性は一段と高まった。

 EU側の緊縮財政案への賛否を問う7月5日の国民投票で国民が緊縮策の継続を受け入れた場合、チプラス首相は「判断を尊重する」と指摘。首相は緊縮策に反対しており、退陣の可能性も示唆した。

 一方で首相は「私の電話は1日中つながる」と意味ありげに述べ、期限切れギリギリまでEUやIMFに譲歩を迫った。

 これに対しEU側は、国民投票導入に激怒し、ギリシャによる支援期限の延長要請を拒否したままだ。IMFのラガルド専務理事も、ギリシャが30日に債務を返済しなかった場合「デフォルトになる。猶予期間はない」と明言している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。