ギリシャvsEUの虚々実々駆け引き  国民投票前に“密書”暴露&二枚舌…

2015.07.02


国民投票で反対票を投じるよう呼びかけたギリシャのチプラス首相=1日(ロイター)【拡大】

 国際通貨基金(IMF)への借金を返せなかったギリシャと、同国への支援を止めた欧州連合(EU)のバトルは終わらない。EUがギリシャの“密書”を暴露すれば、チプラス首相はEUとの対決姿勢を打ち出すなど、5日の国民投票を前に虚々実々の駆け引きが続いている。

 ユーロ圏の財務相らは1日の電話会合で、ギリシャ側が求めた新たな支援に関する協議は5日の国民投票の結果が判明するまで行わないことを決めた。

 欧州の主要メディアは、ギリシャのチプラス首相が支援の期限切れ直前の6月30日、EU側の求める財政再建策を条件付きで受け入れるとの書簡をEU側に提示していたと相次いで報じた。

 報道を通じてギリシャ国内の反EUの姿勢に揺さぶりをかけようとする動きに対し、チプラス首相は7月1日のテレビ演説で、この再建策への賛否を問う国民投票で「反対票を投じてほしい」と国民に訴えた。この「二枚舌」にユーロ圏諸国が怒り、支援協議を行う理由がないと判断したという流れだ。

 チプラス首相は、国民投票で反対票が多数となれば、6日以降のEU側との協議で「ギリシャがより良い条件で交渉できる」ともくろむ。ギリシャ国民の間では意見が二分されているとみられ、投票結果が交渉の流れを大きく左右しそうだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。