よりによって三島由紀夫をパクるとは… 韓国紙の嘆き節と模倣文化の病巣 (1/2ページ)

2015.07.03


申京淑氏には別の盗作疑惑も【拡大】

 韓国の国民的女流作家が三島由紀夫の作品「憂国」を盗作した問題で、韓国内のショックが収まらない。女流作家の他の作品にも盗用疑惑が指摘される一方、韓国メディアでは、三島作品の作風にも触れ「なぜよりによってあの作家のあの作品なのか…」と嘆く声も出ている。日本には負けたくない思想が根強い韓国。一作家の盗作騒動では片付けられない社会問題に発展している。

 盗作問題の渦中にいるのは韓国人作家、申京淑(シン・ギョンスク)氏。「2008年に発表した代表作『母をお願い』は日本を含めて22カ国以上で出版され、200万部以上を売り上げた。各文学賞を総なめにし、韓国で最も支持されている作家の一人」(文芸関係者)という文壇の大御所だ。

 申氏が1994年に発表した短編小説「伝説」の一部が、三島の「憂国」に極めて似ていることを6月16日に別の韓国人作家が“告発”。「憂国」で主人公の青年将校夫妻が情交する場面を描いた部分のうち、5つの文章を申氏が盗作した疑惑が持ち上がった。

 申氏は当初「当該作品(憂国)を知らない」と知らぬ存ぜぬを貫こうとしたが、ネットなどで批判が殺到。有識者に、業務妨害と詐欺の容疑で刑事告発されるなど騒動は広がった。

 申氏は同月23日になって「何度も照らし合わせてみた結果、盗作であるという気がした」と認め、「記憶をたどっても『憂国』を読んだ記憶は出てこないが、自分の記憶を信じられない状態になった」と釈明した。

 申氏の盗作疑惑は今回が初めてではない。韓国メディアによると、最初に盗作が疑われた作品は「別れのあいさつ」で、99年に丸山健二の「水の家族」に酷似していると文芸誌編集委員が指摘。このほかにも、別の盗作疑惑があると報じられている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。