習近平主席の地方視察で地元住民が直訴も護衛がすぐに口封じ (2/2ページ)

2015.07.04

 党機関紙「人民日報」は習氏が別の視察場所で、民衆に対して、「政治はどうですか。あなたたちが泣いているか、あるいは笑っているかで、政治の状態が良く分かります。私はあなたたちを同じ故郷の人と思っています。生活のことでも、言いたいことがあれば、何でも言ってください」と愛想笑いをするなど親しげに話しかけていた。

 ところが、実際に習氏に直訴しようとした女性が現れると、ボディガードに取り押さえられるなど、言っていることと、やっていることとがまったく正反対であることがはっきりとした。

 このため、ネット上では「習近平が視察で語りかけている人々は、当局が手配したサクラが大半だ。しかも、群衆のなかにボディガードを紛れ込ませて、民衆を取り締まるなど、まったくひどい。習近平の笑顔は全くの作り笑いで、演技でありニセ物だ」などと手厳しい批判が書き込まれている。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。