【江藤詩文の世界鉄道旅】パーム・モノレール(2)早い者勝ち! パノラマシートは争奪戦 (1/2ページ)

2015.07.12


プールや水族館、ショッピングセンター、レストランなどを兼ね備えた、テーマパークのようなエンターテインメントホテル「アトランティス・ザ・パーム」【拡大】

 乗車時間は10分たらず。しくみはオートマチックで車内は清潔そのもの。旅情を楽しむというより、海を渡るためだけにあるような「パーム・モノレール」。

 だが、この路線は、わずかな時間にドバイらしい景観を一挙に楽しめる貴重な“パノラマルート”でもある。

 宿泊している大型ホテル「アトランティス・ザ・パーム」の敷地内にある始発駅「アトランティス・アクアベンチャー」を出発し、しばらくして振り返ると、伝説の大陸「アトランティス」をモチーフにしたというリゾートの威風堂々たる姿が見えてくる。海に張り出すようにつくられた、ヤシの木をかたどった世界最大の人口島「パーム・ジュメイラ」に、2008年、第1号のホテルとしてオープンした。

 左手には、ジェベル・アリ地区まで延々と続く建設ラッシュ。いまはまだ開業していない3つの駅にも一時停止する。車両の扉が開かないのが残念だ。

 右手に高級ホテル「ワン&オンリー・ロイヤルミラージュ」のビーチパラソルが見えてくると、終点駅「パーム・ゲートウェイ」も近い。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。