【江藤詩文の世界鉄道旅】ドバイ・トラム スーパーカーに並んでトコトコ走るのどかな路面電車 (1/3ページ)

2015.07.19


朝6時半過ぎから深夜0時半過ぎまで1日中走行しているドバイ・トラム。将来的には車内でWi−Fiサービスも始まるそうだ【拡大】

 ドバイの新しい公共交通機関として、昨年11月11日に開通した「ドバイ・トラム」。路面電車としては世界で初めて「地中電力供給システム」を採用したそうで、3段階で順次開通する計画のうち、現在は第一段階にあたる全長10.6キロ・11駅を走行している。

 「パーム・モノレール」(7月5日掲載記事)と同じくドバイ道路交通局(RTA)が管理しているが、日立が走っていたモノレールと違ってこちらはフランスのアルストム。ちょっと残念だ。モノレールの「パーム・ゲートウェイ」駅が、トラムの「パーム・ジュメイラ」駅と接続することになっていて、エアコンの効いたコンコースも完成しつつあるが、いまのところ駐車場を抜けたりしながら、わりと歩かなくてはならない。ドバイ・メトロとは、「ドバイ・マリーナ」駅と「ジュメイラ・レイクス・タワーズ」駅で接続している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。