【江藤詩文の世界鉄道旅】ドバイ・メトロ(2)最新無人運転車に無情に響く子どもの声「日本ってナニ!?」 (1/2ページ)

2015.08.02


窓にかじりつく少年たち。「お前たち、この人にも順番を譲ってあげなさい」「えーっ!!」しぶしぶと結局数秒しか譲ってくれず。気まずいったら、もう…【拡大】

 日本がつくった“ナンバーワン”のメトロのすばらしいポイントはいくつもあるが、そのひとつが「全自動無人運転鉄道システム」を採用したことだ。

 全自動ってことは、当然ながら運転士がいないということ。鉄道ファンの、特に女性のなかには“運転士萌え”の人もいる。たしかにICEの先頭車両に乗って、びゅんびゅん飛び去るダイナミックなパノラマを運転士の制服の肩越しに眺めたり、SL鉄道の機関車で、運転士の隣りに立って石炭の熱気を感じるのも素敵な体験だ。

 しかし新交通「ゆりかもめ」などでご存じのように、無人運転車両の前面の窓から眺める風景は格別だ。足元から伸びた線路の上を着実に進むゾクゾクするような快感は、ここに立たなければ味わえない。ドバイ・メトロの“日本製”の車両は、前面部に大きな窓を取っている。しかも東南アジアあたりのユルい鉄道と違って、窓はなかなかきれいに掃除されている。つまり最高のパノラマウィンドウ。心の底では、最前列に陣取って窓にへばりつきたいところだが、ここでいつもある問題に直面する。子どもだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。