【新・悪韓論】“コリア・パッシング”を明確にした安倍談話と哀願調にも聞こえた朴演説 (1/2ページ)

2015.08.20


「光復節」記念式典で演説する朴大統領=15日、ソウル(共同)【拡大】

 後出しジャンケンされたら勝てない−。そう思っていたら、そうではなかった。安倍晋三首相の「戦後70年談話」(8月14日)と、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領による「光復70年演説」(同月15日)のことだ。朴演説は後出しだったのに負けたばかりか、バッサリ斬られた傷も十分には手当てできていないのだ。

 「バッサリ斬られた!?」「どこが?」と、訝(いぶか)る人が多いだろうが、私は手応え十分とみている。

 安倍談話の最後の部分だ。

 「我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、『積極的平和主義』の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります」

 今年3月の出来事を思い出してもらいたい。

 日本の外務省はホームページで、韓国に関する基礎データの概説部分を書き換えた。

 それまでは、「韓国は、我が国と、自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する重要な隣国であり、近年、両国の関係は、一層の深みと広がりを見せている」と表記していた。

 それが「韓国は、我が国にとって最も重要な隣国であり、近年、両国の関係は、一層の深みと広がりを見せている」に更新された。

 すなわち「我が国と、自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する」の部分を削除した。

 この変更を踏まえて安倍談話を読めば、韓国はもはや、我が国が手を携えて、平和と繁栄に貢献していく「価値を共有する国々」の中に入っていない。こうバッサリ斬ったのだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。