習政権が抱える大きな時限爆弾 中国版スノーデン事件 (1/2ページ)

2015.08.23


中国人民政治協商会議の閉幕式に出席した令計画氏(左下)と習近平国家主席=2014年3月(共同)【拡大】

 11日の日経新聞に「習氏、江氏ら排除加速、メディア使い長老批判」という記事が掲載された。人民日報や新華社傘下の週刊誌「財経国家」が、「引退幹部は政権運営に干渉すべきでない」という論調をそろって展開したという内容だ。

 特に10日の人民日報は、中国の格言「人走茶涼」(人が去ればお茶は冷める=地位を去ると周囲の者もいなくなる、という意味)の言葉で強く主張していた。習近平国家主席の陣営が国営メディアを使って長老批判を始めたのは、2年後の共産党大会で習体制を盤石なものにするためだろう。

 習氏は本気で江沢民元主席や胡錦濤前主席グループ潰しに取り組んでいる。これは自分が引退した後に同じ目に遭わないための布石だ。だから、反発も非常に強い。一連の排除を早く終わらせないと、江沢民一派、胡錦濤一派の不満も爆発する。「終わり」が見えないと、皆、まともに仕事に取り組めない。どこかで線引きをする必要があると思う。

 腐敗官僚の撲滅をうたって推進した習指導部の反腐敗運動は、予想よりも深く江利権や胡利権に食い込んだと思う。しかし、ここから先は、そう簡単にはいかないだろう。その一端として出てきたのが「中国版スノーデン事件」だ。

 産経新聞は10日、「中国版スノーデンの影」という記事を掲載した。昨年12月に失脚した中国共産党の大物政治家・令計画氏の弟で、元新華社通信記者の令完成氏が、米国に亡命していることが明らかになり、大きな波紋を広げているという。

 波紋の理由は、完成氏が共産党の機密資料約2700点を持ち出したとされているからだ。それが、米中央情報局(CIA)のスノーデン元職員による機密暴露事件と似た展開をしそうだからだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。