韓国、3年後に200万人が失業 朴大統領の最悪雇用政策 高月靖氏リポート (1/2ページ)

2015.09.18

雇用政策も後手に回る朴大統領(聯合=共同)
雇用政策も後手に回る朴大統領(聯合=共同)【拡大】

 韓国で朴槿恵(パク・クネ)大統領が誕生して以降、同国経済に逆風が吹いている。円安ウォン高に有効な手を打てず、輸出産業は壊滅。財閥一極集中という特異な産業構造で雇用の受け皿が狭いなか、このままいくと、3年後は「史上最悪の就職難」になるという。原因の1つは、朴政権が進める悪しき雇用政策にある。失業者の大量創出寸前の韓国をノンフィクション・ライター、高月靖氏がリポートする。

 「3年後、史上最悪の就職難が到来?」

 韓国メディアでこんな見出しが躍っている。20代を中心とする青年失業者数が2年間で29%増、今年上半期平均で過去最大の40万7000人を記録したと発表されたからだ。7月単月で見ると青年失業者数は41万6000人、失業率は9・4%。だが、これに就職浪人などを加えた「体感失業者数」を見てみると116万人、同失業率は23%に跳ね上がる。

 「さらに恐ろしいのは3年後。2018年にはこの体感失業者数が200万人に膨れ上がると言われています」(現地フリー記者)

 韓国の青年失業者数は世界金融危機後の09〜10年で33万人ほどだったが、13年には30万8000人に改善した。それが2年で3割も増えた要因の1つは、非正規の増加だ。

 15〜29歳のうち、新卒時の就職先が契約社員など臨時職だったのは34・8%(5月)。平均勤続期間は、実に1年3カ月に満たない。世界金融危機後に急増した非正規枠が、青年層を飲み込んでいる格好だ。

 加えて人口構造と教育の問題もある。

 「今の青年層はベビーブーム第2世代で人口が多く、大学進学率も過去最高の70%超です。結果的に4大卒の20代がだぶついている。一方、高卒など中小企業の労働市場は人手不足で、需給のミスマッチが著しい」(同)。6月の失業率は若者の10・2%に対し、全体では3・9%。若者とそれ以外との世代格差が歴然としている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。