【スクープ最前線】米軍、中国「人工島」駆逐作戦決行へ すでに水面下で熾烈な戦いも (1/3ページ)

2015.10.14


オバマ大統領(左)と、習国家主席の米中首脳会談が“決裂”に終わり、軍事的緊張が高まっている=9月25日、ワシントン(AP)【拡大】

 米国と中国の軍事的緊張が高まっている。習近平国家主席率いる中国が、国際法を無視した「南シナ海の領海化」を止めないため、オバマ政権は近く、海軍艦艇を中国の人工島の12カイリ(約22キロ)内で航行させる方針を固めたのだ。自由と民主主義を掲げる米国の激しい憤りと、共産党独裁国家による米情報機関潰し、驚くべき対日工作とは。ジャーナリストの加賀孝英氏が核心に迫った。

 「中国はウソつき国家だ。世界の秩序を乱している。そんな無法国家を米国も世界も絶対に許さない」

 旧知の米軍関係者は怒りに満ちた顔でそういった。

 米海軍専門紙「ネイビー・タイムズ」が8日報じたように、同海軍は、南シナ海に艦艇群を派遣して中国の横暴を打ち砕く「フリーダム・オブ・ナビゲーション(航行自由)作戦」の準備を終えた。

 オバマ大統領の承認を待っており、近く決行命令が下される予定だ。

 改めて説明するが、中国は現在、南シナ海のほぼ全域を囲む9つの線からなる「九段線」(赤い舌)を引き、国際法を無視して南シナ海の大部分を「自国の領海だ」と主張。周辺国を力で恫喝し、複数の岩礁を埋め立てて軍事基地化を進めている。常軌を逸した暴挙というしかない。

 米海軍の作戦は、その航行で「南シナ海は中国の領海ではない」「誰もが航行できる天下の公海だ」と実力で中国に認めさせるものだ。

 これに対し、中国外務省の華春瑩副報道局長は9日、「中国の領海や領空を侵犯することは絶対に許さない」と猛反発している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。