中国紙、米海軍に「報復宣言」 威嚇行為には「人民解放軍が必ず出撃する」

2015.10.16


中国が滑走路建設を進める南シナ海のミスチーフ礁。軍事基地化が懸念されている(ロイター)【拡大】

 中国が南シナ海で人工島建設を進めている問題で、米国との対立が激化している。海軍の艦艇派遣を示唆する米国に対し、中国はメディアで「挑発の程度に応じて必ず報復する」と宣言。米海軍制服組トップが「『航行の自由』を行使することは驚くべきことではない」と応じるなど緊迫感が高まっているのだ。

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は15日の社説で、南シナ海で中国が「領海」と主張する人工島の12カイリ(約22キロ)内で米軍が艦艇を航行させた場合、「中国は海空軍の準備を整え、米軍の挑発の程度に応じて必ず報復する」と主張した。

 社説は、米政府が「挑発行為を続けた場合、中国は(人工島の)軍事化を迅速に進める必要に迫られる」と強調。米軍がさらに艦艇などの態勢を強化すれば「(戦略ミサイル部隊の)『第2砲兵部隊』を動員して危機に当たるべきで、局面は全面的にエスカレートする」と警告した。

 また、中国が進める岩礁埋め立てや施設建設について「国際法に違反していないことは米側も認識しているはずだ」と指摘。米政府による威嚇行為は中国の主権の侵害だとして「中国の核心的利益である地域に(米軍が)入った場合は、人民解放軍が必ず出撃する」とまで強調した。

 宣戦布告とも取れる中国側の反応だが、米海軍制服組トップのリチャードソン作戦部長は15日、東京都内での記者会見で、「米海軍は世界規模の海軍であり、国際的な規範に従って世界中で『航行の自由』を行使することは驚くべきことではない」と明言。「米海軍は定期的に南シナ海に展開している」と中国の動きを牽制(けんせい)するなど、応酬を繰り広げた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。