【断末魔の中韓経済】「デフレ」という崖へ転がり落ちる韓国 対中輸出に依存、致命的な「構造問題」 (1/2ページ)

2015.10.28


2014年 主要国の輸出依存度・輸入依存度【拡大】

★(2)

 韓国のインフレ率(消費者物価ベース)が、何と50年ぶりの低水準にまで落ち込んでいる。2015年9月における消費者物価指数の上昇率は0・6%に終わり、10カ月連続で1・0%を下回った。韓国銀行は、15年を通したインフレ率の見通しについて、1%から0・7%に引き下げた。

 ちなみに、韓国銀行が定めたインフレ目標は、2・5−3・5%である。また、韓国統計庁が統計を始めた以降の韓国のインフレ率の最低値は、アジア通貨危機後の1999年の0・8%だった。何と、現在の韓国のインフレ率は、あのアジア通貨危機の時期以上に低迷してしまっているのである。

 まさに、デフレという崖に向けて転がり落ちていっている韓国だが、さらに「中国の景気後退」が襲い掛かってきた。内需が低迷し、インフレ率が上がらない状況で、外需までもが失速する、文字通り、内憂外患の状況に陥りつつあるのだ。

 そもそも、韓国は輸出依存度が大きすぎる。輸出依存度とは「財の輸出÷名目GDP(国内総生産)」で計算される。

 2014年の韓国の輸出依存度は、42・91%。そして、韓国の輸出の25%が中国向けなのだ。すなわち、韓国経済はGDPの10%を「対中輸出」に依存していることになる。韓国の対中輸出額は、対日・対米輸出を合計した金額よりも多い。

 中国の輸入縮小(=それも『異常』な輸入縮小)を受け、インドネシアやマレーシア、アフリカ諸国など「資源輸出国」の経済が悪化している。興味深いことに、韓国の場合は、資源国ではなく「製品輸出国」として中国に依存してしまった。ご存じの通り、中国もまた、製品輸出国である。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。