朴大統領は慰安婦問題を棚上げすべきです 呉善花・拓大教授が緊急寄稿 (1/2ページ)

2015.10.31

 安倍晋三首相と、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領による就任後初の日韓首脳会談が11月2日、ソウルで行われる。朴氏はこれに先立ち、朝日新聞と毎日新聞の書面インタビュー(30日朝刊)に応じ、慰安婦問題の「今年中の決着」を求めたが、多くの日本人はウンザリするのではないか。拓殖大学国際学部の呉善花(オ・ソンファ)教授が、朴氏や祖国への思いを緊急寄稿した。

 日韓首脳会談にあたって、朴大統領に何よりもお伝えしたいことは、「慰安婦問題に固執する限り、日韓関係は決して進展しない」ということです。なぜかといえば、日本には韓国の主張を受け入れる理由が一切ないからです。

 第1に、韓国が主張する「日本軍が組織的に20万人の女性を強制連行して性奴隷にした」という事実は一切ないというのが日本政府の認識です。第2に、政府レベルの法的賠償については「1965年の日韓基本条約で解決済み」というのが日本政府の揺るぎない立場です。

 ですから、「慰安婦問題に関して日本の首相が公式に謝罪する」ことも、「日本政府が元慰安婦に賠償金を支払う」ことも、韓国がいかに強く求めようとも実現することはあり得ません。この現実認識を、きっぱり固められることが肝心だと思います。

 それでは、韓国はどうすればよいのでしょうか。それはとても簡単なことです。慰安婦問題をひとまず棚上げして会談に臨むこと、これにほかなりません。

 ある問題で互いの原則が衝突し、このままでは他の必要な諸問題について話を進めることが困難となったとき、多くの日本人はどうするでしょうか。その問題をいったん棚上げして考えが合うところから話し合いを進めていこうとするのです。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。