韓国経済の景況感 2期連続「世界最低」のナゼ 失速中国と共倒れ懸念… (1/2ページ)

2015.11.06


朴大統領の親中路線は韓国の消費者にも打撃に(AP)【拡大】

 韓国経済がまたも「世界最低」に−。米調査会社ニールセンが発表した7〜9月期の世界の消費者景況感指数で、韓国の指数は調査対象61カ国中、2四半期連続で最下位となった。輸出も輸入も大幅に落ち込むなかで、朴槿恵(パク・クネ)政権は内需拡大に必死だが、消費者のマインドは低迷したままだ。

 ニールセンは四半期に1度、各国の消費者心理を調査しており、指数が100を超えると消費者の楽観論が優勢で、100を下回ると悲観論が多いことを示す。

 主な順位をみると、1位が前回に続いてインド。2位の米国は18ポイント改善し、前回の12位から大幅に順位を上げた。フィリピン、インドネシア、タイ、中国、ベトナムなどアジア勢が上位に食い込んでいる。

 日本の指数は前回調査から3ポイント悪化の「80」で、順位も40位と3ランク下げたが、ニールセンは「現在までのところ大幅な景況感の上昇が見られた2013年以降の高水準を引き続き維持している」と分析した。

 下位グループをみると、ギリシャやウクライナなどの常連組を下回り、2四半期連続で最下位となったのが韓国だ。指数は「49」と前回から4ポイント改善はしたものの、最下位から抜け出すことはできなかった。

 前回の調査で韓国が最下位に転落した要因として、韓国メディアは、「中東呼吸器症候群(MERS)の影響」と報じた。だが、韓国政府が7月末に事実上の「終息宣言」を行った後も消費者心理は厳しいままだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。