プーチン大統領「背中を刺された」 トルコ批判をヒートアップ

2015.11.25

 ロシアのプーチン大統領は24日、ロシア軍機を撃墜したトルコに対する批判をヒートアップさせた。南部ソチに招いたヨルダンのアブドラ国王との会談冒頭、顔を紅潮させ憤りを隠さなかった。トルコを「テロの共犯者」と呼び、直訳すると「背中を刺された」という意味の極めて強い言葉で糾弾した。

 また、ロシア軍機は「イスラム国」掃討作戦に参加し帰還途中だったと明らかにし、トルコとの国境からシリア側に1キロ入った上空を高度6千メートルで飛行中に攻撃され、シリア側に4キロ入った地点に墜落したと主張した。「イスラム国」が占拠した地域の石油生産施設からトルコに大量の石油が密輸され、巨額の金が「イスラム国」に流れていると批判した。

 ロシアのラブロフ外相は24日、トルコでテロの脅威が高まっているとし、ロシア人のトルコ渡航自粛を呼び掛けた。(共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。