靖国“テロ容疑者”再入国 朴政権関与か 韓国政府「手を打った」可能性も (2/3ページ)

2015.12.11

移送のため警視庁麹町署を出る全昶漢容疑者。その言動には謎が多い=9日午後8時45分
移送のため警視庁麹町署を出る全昶漢容疑者。その言動には謎が多い=9日午後8時45分【拡大】

  • <p>麹町警察署を出る全昶漢容疑者=9日午後8時45分、東京都千代田区</p>
  • <p>麹町署から警視庁本部に移送される全昶漢容疑者=9日午後、東京都千代田区(川口良介撮影)</p>
  • <p>靖国神社では全容疑者の逮捕後も警視庁による警備が行われていた=12月09日、東京都千代田区(早坂洋祐撮影)   </p>

 「韓国人容疑者、自ら日本に入国して逮捕 日本警察もびっくり」などのタイトルで報じたのは、東亜日報(電子版、10日)。潔白を証明するため入国した可能性や、政治的な主張を行うためすすんで日本へ戻ったとの説のほか、「一部で、韓国政府が外交的な影響を考慮して、全氏に日本への入国を促したのではとの推測も出ている」との見方を載せた。

 聯合ニュース(電子版)は9日、「外交的な影響を勘案した韓国政府当局が、全氏に日本で調べを受けるよう促した可能性も提起されているようだが、現在のところ確認はされていない」などと報じた。

 全容疑者の母親のコメントを掲載したのは10日付の朝鮮日報(電子版)で、同紙の電話取材に母親は「誰かが日本に行かせたように思える」「韓国警察に聞いても事情が分からず、ニュースを見ろとだけ言う。日本へ自国民を引き渡したんじゃないか」と語った。

 現地メディアなどによると、全容疑者は全羅北道南原出身。検定試験で高卒課程を終え、2009年、下士官として空軍に入隊した。5年以上軍隊生活を送り、今年3月に除隊。軍では独身者宿泊施設で生活し、除隊後は韓国中西部、群山市のワンルームマンションに一人で暮らしていた。過去に犯歴はなく、反日団体などに所属していなかったという。

 各紙が報じる通り、全容疑者の再入国には謎の部分が多い。

 韓国籍の人物が日本国内で事件を起こし、容疑者として特定され、韓国に帰国した場合、日本の警察当局は、日韓犯罪人引き渡し条約に基づく身柄の引き渡しの要請を行うことになる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。