豪、南シナ海で「飛行の自由作戦」決行の真意…“親中派色”払拭が狙い? (1/2ページ)

2015.12.16


中国が一方的に建設を進める南シナ海の人工島(ロイター)【拡大】

 オーストラリア軍機が11月下旬、「飛行の自由の権利を実践する」として南シナ海上空を飛行していたことが分かった。南シナ海では、中国が岩礁を勝手に埋め立てて軍事基地化しており、米国が実行している「航行の自由作戦」に同調した動きとみられる。日米豪連携の「対中包囲網」の一環ともいえるが、なぜ、このタイミングで判明したのか。

 注目の一報は、英BBCが15日報じた。

 南シナ海・スプラトリー(中国名・南沙)諸島上空を民間機で飛行したBBCの記者が11月25日、オーストラリア軍の哨戒機が中国海軍と交信を試みている無線を確認したとしている。

 オーストラリア軍機は無線で「中国海軍、中国海軍、われわれはオーストラリアの航空機で、国連海洋法条約などに基づき、飛行の自由の権利を実践している」などと呼び掛けたという。中国側から応答はなかったとしている。

 オーストラリア軍機の飛行区域が、人工島周辺の12カイリ(約22キロ)の上空かどうかは現時点では明らかになっていない。ただ、中国は人工島周辺を「領海」と強弁しており、オーストラリア軍機による中国海軍へのけん制行動とみて間違いない。同国の国防省はBBCの取材に対し、哨戒機が「定期のパトロールをしている」と回答した。

 人工島をめぐっては、米海軍が10月下旬、イージス駆逐艦「ラッセン」を周辺海域に派遣し、「航行の自由作戦」を展開した。この問題で、オーストラリア軍の具体的作戦が明らかになったのは初めてとみられる。

 3週間近く経過して報じられた、オーストラリア軍の動きをどう見るべきなのか。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。