南シナ海、中国が試験飛行 米軍「緊張高めた」 ベトナム、フィリピンも激怒 (1/2ページ)

2016.01.05


人工島ファイアリークロス礁には中国が建造した滑走路が見える(ロイター)【拡大】

 新年早々、南シナ海情勢が風雲急を告げている。中国がスプラトリー(中国名・南沙)諸島の岩礁を勝手に埋め立てた人工島の滑走路で、航空機の試験飛行を断行したことが発覚したのだ。米国はすぐさま批判したが、中国は滑走路や航空機について「民間用だ」と開き直っている。米中の対立は緊迫化しており、ベトナムやフィリピンも中国の横暴に拳を上げ始めている。「世界の火薬庫」と化した南シナ海では、突発的な軍事衝突の可能性も高まっている。

 中国外務省の華春瑩報道官は2日、スプラトリー諸島・ファイアリークロス(中国名・永暑)礁に滑走路を完成させたことを発表した。試験飛行にも言及し、「飛行場が民間航空機の基準に符号するかを試すために試験飛行を行った。完全に中国の主権の範囲内の活動だ」と正当化した。

 航空機の離着陸を行ったとみられており、事実であれば、中国による初めての試験飛行であり、実効支配を進める暴挙といえる。

 中国は以前から国際法を無視して、世界のシーレーンである南シナ海のほぼ全域を囲む9つの線からなる「九段線」(赤い舌)を引き、「自国の領海だ」と強弁。複数の岩礁を勝手に埋め立てて軍事基地化してきた。

 スプラトリー諸島以外の複数の岩礁でも軍事基地化を進め、滑走路建設に着手している。このまま放置すれば、中国が同空海域を支配しかねない。当然、米国がこの事態を黙ってみているわけがない。

 米国防総省当局者は2日、「試験飛行が(地域の)緊張を高めたことを懸念している」と批判した。

 米国は昨年10月、中国の野望を阻止するため、「フリーダム・オブ・ナビゲーション(航行の自由)作戦」を実行し、中国が「領海」と強弁する人工島周辺12カイリ(約22キロ)にイージス駆逐艦「ラッセン」を派遣した。さらに、同12月には、「死の鳥」と恐れられるB52戦略爆撃機を、スプラトリー諸島上空で飛行させた。

 米軍は当面、オーストラリア軍と連携して圧力をかけていく構えで、早ければ今月中にも再び米艦船を人工島周辺で航行させる。懲りない中国に対し、一歩も引かない構えだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。