サウジ「イランに追加措置検討」と警告 湾岸諸国には温度差

2016.01.10

 ペルシャ湾岸のアラブ6カ国でつくる湾岸協力会議(GCC)は9日、サウジアラビアの首都リヤドで緊急外相会議を開き、イランでサウジ大使館が襲撃された事件への対応を協議した。終了後、イランとの断交に踏み切ったサウジのジュベイル外相が記者会見し「イランが現在の政策を続けるならば、われわれは追加措置を検討する」と警告した。

 外相会議はイスラム教スンニ派の大国サウジと、シーア派国家イランとの緊張が高まったことを受けた開催で、イランのサウジに対する内政干渉を非難する声明を発表した。スンニ派政権中心の湾岸諸国が結束を強調した形だ。

 ただ、大使館襲撃後、サウジのほか、GCC加盟国のバーレーンはイランと断交したが、他国は大使の一時呼び戻しなどにとどめている。今回の声明も具体策には踏み込んでおらず、外相会議で示された各国の姿勢に温度差があったとみられる。(共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。