【スクープ最前線】米軍、北朝鮮への“極秘作戦”準備 B52急派に続き決断か 加賀孝英氏 (1/3ページ)

2016.01.13


米軍のB52戦略爆撃機は、米韓の戦闘機とともに韓国上空を低空飛行した=10日(共同)【拡大】

 米軍が、4回目の核実験を強行した北朝鮮への軍事的対抗措置を強めている。B52戦略爆撃機の韓国派遣に続き、来月にも、原子力空母や原子力潜水艦を朝鮮半島沖に展開するというのだ。米国の外交誤算が中東混乱を加速させたとの批判もあるなか、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)体制壊滅に向けた「秘密作戦計画」の存在が注目されている。オバマ大統領は決断できるのか。ジャーナリストの加賀孝英氏による緊急リポート。

 「同盟国の韓国と日本、米本土を断固として守る。米国の意志が鉄壁であることを示す作戦だ」

 ハリス米太平洋軍司令官は10日、このような声明を発表した。米海軍屈指の“タカ派”のコメントには、北朝鮮への怒りがにじんでいた。

 ご承知の通り、米軍は同日、北朝鮮の核実験(北朝鮮は『水爆実験』と強弁)への対抗措置として、核ミサイルを搭載可能なB52戦略爆撃機1機を米グアムから韓国に急派させた。作戦の詳細は以下の通りだ。

 《B52は、ソウル近郊にある在韓米軍烏山(オサン)基地付近で、米軍のF16戦闘機や、韓国軍のF15K戦闘機とともに、異例の低空飛行を行った。北朝鮮に対して、米軍の核兵器によって韓国が守られており、結束して戦う決意を見せつけた》

 「死の鳥」と恐れられるB52は、全長48・5メートル、全幅56・4メートル、全高12・4メートルと巨大だ。核爆弾や巡行ミサイル、北朝鮮の地下軍事基地を破壊できる地中貫通爆弾「バンカーバスター」などを大量に搭載できる。昨年末、南シナ海で軍事的覇権を強める中国を牽制するため、人工島上空でも飛行している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。