【スクープ最前線】米軍、北朝鮮への“極秘作戦”準備 B52急派に続き決断か 加賀孝英氏 (3/3ページ)

2016.01.13


米軍のB52戦略爆撃機は、米韓の戦闘機とともに韓国上空を低空飛行した=10日(共同)【拡大】

 ついに世界最強の米空母機動部隊が、正恩体制壊滅に動き出すのか。

 実は、米国は、北朝鮮が弾道ミサイル「テポドン1号」の発射実験を行った1998年以降、「北朝鮮攻撃の秘密作戦計画」を数パターン準備している。もし、今回の原子力空母の展開が、作戦計画の第1ステップだとすれば、今後、「ステルス戦闘機とB52の約700カ所へのピンポイント爆撃」「特殊部隊の潜入」「正恩氏の確保・排除」へとつながる可能性もある。

 さらに、興味深い情報がある。

 CIA(米中央情報局)元職員のエドワード・スノーデン容疑者や、内部告発サイト「ウィキリークス」が、米政府の機密文書を暴露している。この中に注目すべき記述があるというのだ。

 「米韓政府高官が話し合ったという『北朝鮮攻撃による朝鮮半島統一計画』が存在する。正恩氏は、ロシア経由で詳細を知って驚がくしたらしい。側近が裏切っていたうえ、自分の暗殺計画まで準備され、中国も計画に一部賛成していた。正恩氏が100人以上の部下を殺し、中国を信用せずに暴走している理由の一端がここにある」(日本の情報当局者)

 アジアと世界の平和と安全を脅(おびや)かす、北朝鮮の無謀な暴走を許すわけにはいかない。水爆の保有など絶対に阻止しなければならない。米国はポーズではなく腹を決められるのか。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。