まだ続くコウモリ外交 アングロサクソンの価値観は某3国には通用しない (1/2ページ)

2016.01.28

 「鳥に左右両方の翼があるように、米国とも中国とも同時に親しい『親米で親中』は、なぜいけないのか」

 これはおそらく、東アジア関係史に100年ぐらいは残る発言になる。語ったのは、韓国外交省の林聖男(イム・ソンナム)第1次官だ。16日に東京で開かれた日米韓外務次官級協議の後、いわば「コウモリ外交のどこが悪い」と韓国人記者団の前で開き直ったのだ。

 つまり、朴槿恵(パク・クネ)政権は、これからも米中コウモリ(二股)外交を続けますと宣言したといえる。

 思うに、米国はまさにアングロサクソン的論理思考で、(1)東アジアでは、中国を封じ込めるため日米韓3カ国同盟を強化したい(2)それができないのは、日韓に「慰安婦問題」があるからだ(3)慰安婦問題さえ解決できれば、すべてうまくいく−と考えたのだろう。

 アングロサクソン的思考では「条約」「協定」「合意」…名称が何であれ「約束」は守らなくてはならない。日本の武士道と同じだ。いや、日本では武士だけではなく、農民、町人も「約束」を重視した。だから、紙切れに過ぎない「為替」「手形」が、江戸時代に流通したのだ。

 しかし、中国と韓国、北朝鮮の「特定アジア3国」は違う。この現実を、米国中枢はどれだけ苦汁をなめさせられても理解できない。

 前述の(1)〜(3)の論法で行けば、韓国は慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に解決」したのだから、3カ国同盟の一翼を担わなければならない。

 だが、現実は「鳥に左右両方の翼があるように…」なのだ。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。