【江藤詩文の世界鉄道旅】イスラエル鉄道(2)鉄道よりバスがいい!? 国鉄職員のビックリ発言 (1/3ページ)

2016.01.31


通りがかりの女性車掌にはとばっちりだが「マッチベター」と職員は満足そうだった【拡大】

 しまった! 気がついたときには遅かった。アラブ系警備員が足早に近づいてくる。もしかして撮影禁止なのかも。記録カード没収という最悪の事態に備えて、念のため空っぽの新品を入れて来たが、今日ここまで撮影した写真を失うのは惜しい。

 そこへイスラエル鉄道のユダヤ系社員がやって来た。「あぁ、日本人か。すごい鉄道がある国の国民は、鉄道が好きなものだ」。そうか? 疑問がわくがここは穏便に済ませたい。「イ、イスラエルの鉄道もなかなかいいですよ。ほら、座席は清潔だし、無料Wi−Fiだって飛んでるし」。すると彼は少し考えてこう言った。「ふぅむ、やっぱり日本の鉄道がマッチベターだ(ずっといい)」。

 アラブ系の警備員は強面ながら人当たりがソフトで、カードを取り上げることもなく、けっきょく駅構内で撮影した1カットを削除すれば、車内の撮影は自由となった。ちなみにその1カットには駅舎の急所が写っていたらしい。そう言われて背筋が冷たくなる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。