韓国リニア“赤っ恥” 運行わずか8分で急停止 自動運転なのに「速度超過」 (1/2ページ)

2016.02.07

韓国初のリニアモーターカー(聯合=共同)
韓国初のリニアモーターカー(聯合=共同)【拡大】

  • <p>韓国初のリニアモーターカー(聯合=共同)</p>

 韓国が「日本に次いで世界で2番目」と大騒ぎして、3日に開通したリニアモーターカーが、運行開始からわずか8分で急停止したことが話題になっている。このリニア、当初は2013年の開通予定だったが、安全面の問題などから5回の延期を経て運行スタートした。米国やロシアなどへの輸出も模索しているようだが、大丈夫なのか?

 注目の韓国リニアは、磁気浮上式。仁川(インチョン)国際空港駅から龍遊(ヨンユ)駅までの6・1キロ(6駅)を、無人運転で走行する。韓国の独自技術で4149億ウォン(約404億円)を投じて実用化したといい、最高時速は80キロという。

 ところが、開通直後に急停止してしまった。

 東亜日報(日本語版)は4日、「運行開始から8分後にストップ、出だしから『ぎっくり』」との見出しで、次のように報じた。

 「龍遊駅まで約300メートルの地点で急停止し、線路の上に車体が落ちた」「列車と線路がぶつかった衝撃で、乗客が車体の片方に押し寄せてしまったため、列車周辺では相当な煙があがった。十数秒後に再び動き出したが、乗客らは驚いた胸を落ち着かせなければならなかった」

 そして、同乗していた韓国国土交通部の崔政浩(チェ・ジョンホ)第2次官の「このようなことが繰り返されれば、市民が安心して乗ることができない」とのコメントを掲載している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。