正恩氏、危うし 要人の「斬首」実行してきた米軍特殊部隊が韓国に集結 (1/3ページ)

2016.02.10

ミサイルの発射を見守る金正恩第1書記。その動向を米軍の特殊部隊も注視している(共同)
ミサイルの発射を見守る金正恩第1書記。その動向を米軍の特殊部隊も注視している(共同)【拡大】

 北朝鮮による事実上の弾道ミサイル発射を受けて、米軍の動きが注目されている。朝鮮半島周辺に発射前から、原子力空母やイージス艦を展開させているだけでなく、米四軍(陸軍、海軍、空軍、海兵隊)の屈強な特殊部隊を、隣国・韓国に集結させているのだ。米軍の対北シミュレーションには、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の「排除」「拘束」作戦もあるとされるが、今後動きがあるのか。 

 「北朝鮮の振る舞いには懸念を持ってきた。独裁政権であり、挑発的だ」「安保理決議に何度も違反し、核兵器を製造、実験した」

 オバマ米大統領は8日放映のCBSテレビのインタビューで、北朝鮮のミサイル発射について、怒りを込めてこう語った。加えて、中国の習近平国家主席との電話会談(5日)で「北朝鮮の首綱(くびづな)を締め上げる必要」について話したことも明らかにした。

 最大射程1万3000キロとされるミサイルは、首都ワシントンがある米東海岸まで到達可能とみられる。北朝鮮が今後、大気圏再突入の技術を確立すれば、米中枢への直接的脅威といえる。

 オバマ氏は日本時間の9日午前、安倍晋三首相と約35分間、電話会談した。両首脳は、国連安全保障理事会による「強い内容を含む決議」を早期採択する必要性で一致した。オバマ氏は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領とも電話会談する。日米韓3カ国は、国際社会が結束して、北朝鮮に「強力な制裁」を加えることを確認する方針。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。