米軍、韓国に地対空誘導弾を配備「北朝鮮からの攻撃に即応」

2016.02.13

 在韓米軍は13日、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対抗するため、韓国に地対空誘導弾パトリオットを緊急に追加配備した。米軍の存在感を示して北朝鮮による挑発行為の抑止を狙う。国防総省が12日発表した。

 韓国北西部烏山にある米空軍基地で演習の一環として運用する。在韓米軍は「演習によって北朝鮮からの攻撃に即応できることを確実にする」と説明。「ミサイル防衛での緊密な連携は、アジア太平洋地域の平和と安定を進めるという固い意思の表れだ」と強調した。

 在韓米軍は13日、米本土の防空砲兵旅団などの兵力を韓国に展開していることも公表。烏山に駐留する米軍の第35防空砲兵旅団と共に対ミサイルの訓練を実施している。

 米韓両国は今回の追加配備とは別に、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を検討する協議を始めることで合意している。(共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。