米上院、中国の人権状況に強烈な“あてつけ” 「劉暁波」命名法案

2016.02.17

 米上院でこのほど、首都ワシントンの中国大使館前をノーベル平和賞受賞者で投獄中の中国の民主活動家、劉暁波氏にちなみ「劉暁波プラザ」と改称する法案が全会一致で可決され、下院に送られた。欧米メディアが16日までに伝えた。

 中国政府に人権状況の改善を促すのが狙いで、法案が成立すれば、中国大使館の住所は「劉暁波プラザ1番地」になるという。中国外務省の洪磊副報道局長は16日の定例記者会見で「断固として反対する。法案が成立すれば深刻な結果を招く」と非難し、法案の審議をやめるよう要求した。

 法案は米大統領選に共和党から立候補を表明している保守強硬派のクルーズ上院議員が提案。法案成立には下院で可決後、大統領の署名が必要となる。(共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。