米「航行の自由」作戦継続を示唆 ASEAN会議で共同声明

2016.02.17

シンガポールのリー・シェンロン首相(左)らASEAN首脳と協議するオバマ米大統領=16日(ロイター)
シンガポールのリー・シェンロン首相(左)らASEAN首脳と協議するオバマ米大統領=16日(ロイター)【拡大】

 カリフォルニア州パームスプリングズ近郊で開かれていた米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議は16日、南シナ海問題で実効支配を進める中国を念頭に、航行と飛行の自由や紛争の平和的解決などを盛り込んだ共同声明を発表し、閉幕した。

 終了後に記者会見したオバマ米大統領はアジアへの「強力で永続的な関与」を強調、「国際法が許すあらゆる場所で飛行、航行する」と述べ、米艦船を派遣する作戦を継続する方針を示唆した。

 また、「南シナ海で、さらなる(岩礁などの)埋め立てや建設、軍事化の中止を含め、緊張を和らげる方策を議論した」と説明した。

 オバマ氏は中国に対し「軍事化の中止」などを繰り返し要求してきたが、首脳会議で領有権問題の当事国であるASEAN諸国にも、中国への対抗措置として同様の行動を取らないよう求めたとみられる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。