【スクープ最前線】朴大統領がテロ対象者リストトップに 正恩氏が出した韓国攻撃“極秘命令” (1/3ページ)

2016.02.24

金第1書記率いる北朝鮮がテロ攻撃を強行するとの情報を受け、朴大統領や韓国軍は警戒を強めている(AP)
金第1書記率いる北朝鮮がテロ攻撃を強行するとの情報を受け、朴大統領や韓国軍は警戒を強めている(AP)【拡大】

  • <p>金正恩第1書記(AP)</p>

 朝鮮半島が緊迫している。米韓情報当局は、北朝鮮が核実験や事実上の弾道ミサイル発射に続き、テロ攻撃を強行する可能性があると分析しているのだ。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暴挙を阻止するため、米韓両国は3月7日から、史上最大級の合同軍事演習を行う。日本も警戒態勢を敷くなか、能天気な一部野党は安全保障関連法の廃止法案を提出した。ジャーナリストの加賀孝英氏による緊急リポート。

 「韓国が異常なまでに緊迫している。国内に潜入している北朝鮮の工作員やエージェントが一斉に動きだし、水面下で戦いが始まっている」

 旧知の米情報当局関係者は緊張した声で、こう語った。

 韓国の情報機関、国家情報院は18日、与党・セヌリ党との会議で衝撃的な報告を行った。以下、その概略だ。

 《正恩氏が最近、対南(韓国)海外工作を統括する、朝鮮人民軍最強の特殊機関『偵察総局』に対して、韓国へのテロ攻撃の極秘命令を出し、その準備に入った》

 《攻撃目標は、地下鉄やショッピングモールなど人が集まる場所、浄水道や原発などとみられる。そこで、爆弾テロや生物・化学兵器テロを強行する危険がある。加えて、偵察総局傘下で5000人の要員を抱えるサイバー戦指導局が、空港の管制塔など、重要施設の指令系統を破壊するサイバーテロを行う恐れがある》

 中央日報(日本語版)も翌19日、この会議について報じた。注目すべきは国家情報院が同会議で明かした「北朝鮮による拉致・テロ対象者リスト」だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。