中国失望売り 改革は期待薄 批判そらしに躍起でG20議長国“失格” (3/3ページ)

2016.02.27

 こうした不安を先取りしたかのように、25日の株式市場で上海総合指数は前日比6・41%安の2741・25と暴落した。G20で、大胆な市場安定化策が打ち出されないのではないかとの見方も売りにつながった。

 26日の市場でも、総合指数は、前日終値近辺でもみ合うなど勢いは乏しかったが、前日の大幅下落を受け、割安な銘柄を買い戻す動きがあって小幅反発。前日比0・95%高の2767・21で取引を終えた。

 国際通貨基金(IMF)は中国経済の動向や金融市場の混乱に懸念を示す報告書を発表した。G20では、財政出動などを通じて需要を促進するよう要請した。

 日本や欧米はどんな手を打てばいいのか。前出の上念氏は「日米欧で同時金融緩和すれば混乱は確実に収まる」と語る。

 「財務省・日銀が大規模な為替介入を行えば、円買いを仕掛けたヘッジファンドは吹き飛ばされるだろう。欧州は銀行の経営に懸念があるため追加緩和待ったなしで、米国も追加利上げの凍結が必要だ。中国経済がひどいという大義名分があるのだから、日米欧の金融当局はそれぞれベストな政策を思い切ってやるべきだ」と上念氏。

 もはや中国を当てにせず、踏み台にする時のようだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。