「ゾンビ企業」斬り捨てで習政権が浴びる返り血 一気に連鎖破綻…600万人失業 (1/2ページ)

2016.03.07

全人代でも経済が課題の習近平国家主席(左)と李克強首相 =5日(共同)
全人代でも経済が課題の習近平国家主席(左)と李克強首相 =5日(共同)【拡大】

 開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)で成長率見通しを大幅に引き下げた中国。習近平指導部は赤字体質の国有企業の整理を打ち出すが、借金と利権にまみれた「ゾンビ企業」を強引に処理すれば、金融機関の連鎖破綻や社会不安など、習政権が甚大な「返り血」を浴びることになりかねない。

 「ハードランディング(急激な悪化)をすることは絶対にない」

 中国のマクロ経済政策を担う国家発展改革委員会の徐紹史主任(閣僚級)は6日、北京での記者会見で弁舌をふるった。著名投資家ジョージ・ソロス氏の「中国はハードランディングしている」との発言を意識したものだが、それだけ強い危機感がうかがえる。

 徐氏は「経済の下押し圧力は強く、直面するリスクは軽視できない」と状況の厳しさを認めた一方で、政府には「経済を合理的な範囲で運営する能力が完全にある」と強調した。

 ただ、中国政府が合理的な経済運営をしていると信じる向きは少ない。新たな5カ年計画で国内総生産(GDP)の成長率見通しを「7%」から「6・5%以上」へ引き下げたが、「GDPを2020年までに10年の水準から2倍にするという習指導部の目標から逆算しただけ」(エコノミスト)と指摘されている。

 市場関係者らが懸念するのが「ゾンビ企業」の処理だ。鉄鋼やセメントなど過剰生産能力を抱えて赤字をたれ流し、地方政府の支援でようやく生き延びる国有企業が経済をむしばんでおり、北京の欧州連合(EU)商工会議所は2月、「国有企業と地方政府、地方銀行のもたれ合い」が過剰生産の背景にあるとの報告書を公表した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。