【一筆多論】国連事務総長選を盛り上げよう 潘氏の後任の有力候補は「南京大虐殺」の記憶遺産登録で最終判断したユネスコ事務局長 (1/2ページ)

2016.03.09

 ユネスコのイリナ・ボコバ事務局長(AP=共同)
 ユネスコのイリナ・ボコバ事務局長(AP=共同)【拡大】

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)のイリナ・ボコバ事務局長(63)が、今年末で任期が切れる潘基文(パン・ギムン)国連事務総長の後任に出馬表明し、有力候補に挙がっている。

 昨年10月、中国申請の「南京大虐殺文書」がユネスコの記憶遺産に登録された。審査過程が不透明で問題だが、その最終判断を下した人物だ。

 ブルガリア出身で、冷戦時代、モスクワ国際関係大に留学し、外交官になった。1996〜97年ブルガリア外相を務め、2009年から現職にある。

 ボコバ氏は昨年5月、モスクワで開催された対独戦勝70周年記念式典に出席した。ウクライナ問題をめぐり欧米の首脳らが軒並み、参加を見合わせた行事である。

 9月の北京での抗日戦争勝利70周年記念式典にも駆けつけた。こちらも、軍事力を誇示するパレードだ。ひな壇で中露の首脳らと並び立つ姿は、ユネスコ事務局長に似つかわしくなかった。

 国連憲章97条は「事務総長は、安全保障理事会の勧告に基づいて総会が任命する」と定めているが、実態は、安保理の常任理事国(米英仏中露)が密室で決めてしまい、総会(全加盟国=193カ国)はこれを追認するだけだ。

 事務総長は「5大国の意中の人物」になるはずである。もっとも、米英仏中露の利害はめったに一致しないから、いずれとも折り合える「毒のない人物」に落ち着くといえるかもしれない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。