政敵殺してしまえ…朴大統領側近の発言が波紋 室谷氏「韓国は悪罵大国」 (1/2ページ)

2016.03.11

「殺せ」発言が明らかになり、報道陣に囲まれる尹議員。朴大統領の側近である(共同)
「殺せ」発言が明らかになり、報道陣に囲まれる尹議員。朴大統領の側近である(共同)【拡大】

  • <p>朴大統領(共同)</p>

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を支える与党セヌリ党内で、「親朴派」と「非朴派」の内紛が激化している。朴氏に距離を置いて次期大統領をうかがう金武星(キム・ムソン)代表を名指しして、朴氏の側近が「殺してしまえ」などと発言した録音内容が報じられるなど、物騒な事態になっているのだ。日本人には「暗殺教唆」とも思えるのだが…。

 共同通信によると、衝撃発言が報じられたのは、現政権で大統領政務特別補佐官も務めた尹相現(ユン・サンヒョン)議員。先月27日に電話で「金武星を殺してしまえ。あいつら候補者選びで落としてやる」と話した声が8日に報じられた。相手は明らかでないという。

 金氏は、セヌリ党の前身・ハンナラ党の院内代表も務めた大物で、2012年大統領選では、セヌリ党の選挙対策委員会総括本部長を務め、朴氏の当選に貢献した。14年7月に党代表となり、現在は非主流派のリーダーとして、17年末の次期大統領選を狙っている。

 一方の尹氏は昨年5月、モスクワで開かれた対ドイツ戦勝70周年記念式典に、大統領特使として出席するなど、朴氏の側近中の側近だ。

 4月の総選挙で党内の多数を握った側が来年の大統領選の党内候補者選びでも有利になるため、「親朴派」と「非朴派」が現在、野党との戦いの前に1人でも多くの自派候補を立てる政争に没頭しているという。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。