【江藤詩文の世界鉄道旅】和諧長城号(2)鉄道旅の楽しみは“買い食い”と“アツアツのお茶” (1/2ページ)

2016.03.20

「万里の長城」への拠点となる「八達嶺」駅に到着!
「万里の長城」への拠点となる「八達嶺」駅に到着!【拡大】

  • <p>「八達嶺」駅舎。手前の売店では手袋やニット帽を販売していて、多くの乗客が先を争うように購入し、パッケージを破ってその場に捨て、すぐに使い始めていた。</p>
  • <p>車内販売のワゴン。品揃えは豊富</p>
  • <p>お湯をくれる売店。電子レンジでつくるポップコーンもよく売れていた</p>
  • <p>座れなかった乗客たち</p>
  • <p>一等車は通路を挟んで2席ずつ配置。一等車も二等車も、座席の背面に折りたたみ式テーブルがついている</p>

 制服を着用した、白髪混じりの車掌が姿を見せると、周りの乗客はごそごそときっぷを取り出しはじめた。私が乗車したのは二等車の5号車。二等車は通路を挟んで2席と3席が配置されている。真ん中よりやや後ろよりの3席並びの真ん中になんとか滑り込んだ。

 何となく肌寒くてコートを着込んだまま、雪景色の車窓を眺めて検札を待つ。どこの国へ行っても、日本の新幹線のように手早くスムーズにはいかないものだ。が、それにしてもえらく時間がかかっているではないか。

 様子を伺いたくて首を伸ばすと、車掌は車内販売のワゴンを押しながら、乗車券を確認している。というか、見ている限り全員が何かを買っている。あとで自分に番になって誤解だとわかるのだが、そのときは破格の運賃に驚いていたこともあって、「観光列車だし、運賃がこれだけ安いということは、何か購入する義務があるのではないか」と、本気で思ってしまった。だってそう思うくらい、全員が何かを買っていたのですよ。ちなみに私が買ったペットボトル入りの水は2元(約37円)。やっぱ安い。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。