中国の腐敗官僚が恐れをなす懲罰「断崖式降格」 違法未満でも容赦なし (2/2ページ)

2016.03.23

 国務院のOBが語る。

 「今回処分の対象となった10人は、いずれも違法とまでいえないまでも、明らかに党の規律には違反しているという者たちばかりです。こんな『違法未満、党規違反以上』の政府高官をいかに懲罰するかについて、党が出した妙案が『断崖式』の降格処分だったのです。文字通り、崖を転がり落ちるように大幅な降格処分をすることを意味します。具体的には副部長(副大臣)級だった者が、いきなり5段階格下げされて係長にされてしまうといった極端な人事を実行すること。ですから、いま、官僚たちの間では『懲役よりもずっと恥ずかしい』と大きな話題となっています」

 副大臣級といえば個室があって秘書が身の回りを世話してくれて、本人はふんぞり返っているほどの身分だ。

 それが次の日から大部屋の小さな椅子に座らされていたら、部下だってさぞやりにくいはずだ。

 本人の気持ちを考えればいたたまれないが、いちいち刑務所に入れて国家予算にダメージを与えるよりよほど効果的だ。

 こんな恐ろしい懲罰人事が待っていれば、官僚だって、「法律にはひっかからないからセーフ」なんてのんきに構えていられないだろう。

 ■富坂聰(とみさか・さとし) 拓殖大学海外事情研究所教授。1964年生まれ。北京大学中文系に留学したのち、週刊誌記者などを経てジャーナリストとして活動。中国の政・官・財界に豊富な人脈を持つ。『中国人民解放軍の内幕』(文春新書)など著書多数。近著に『中国は腹の底で日本をどう思っているのか』(PHP新書)。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。