エジプト機ハイジャック 外国人ら人質に籠城の男「逮捕された」 「元妻に会いたい」極めて個人的動機に翻弄され

2016.03.29

 【カイロ=大内清】エジプト北部アレクサンドリア発カイロ行きのエジプト航空181便が29日、エジプト人とみられる男にハイジャックされ、キプロスのラルナカ空港に着陸した。男は一部の乗客と乗員らを人質として機内に籠城したが、数時間後に逮捕された。人質は全員無事だった。エジプトメディアによると、男はキプロス人の元妻と連絡を取ることを求めていたという。

 エジプト航空当局によると、同便には乗員・乗客約70人が乗っていたが、男はキプロスに着陸後、乗客の外国人ら8人を除いて大部分を解放。最終的には当局側の説得で投降した。乗客に日本人はいなかった。

 報道によると、男はアレクサンドリアを離陸後、「自爆ベルトを身に着けている」と乗員を脅迫し航路変更を要求。男が実際に爆発物を所持していたかは不明だが、エジプト航空当局は「安全を最優先にした」と説明した。ラルナカ空港には男の元妻も入り、交渉に当たったもようだ。

 またエジプト政府当局者は「極めて個人的な理由」による犯行だと述べ、テロの可能性は低いとの見方を示した。ただ、キプロスメディアによると、男がエジプト国内の受刑者らの釈放や第三国への政治亡命を求めていたとの情報もあり、動機は判然としていない。

 エジプトでは昨年10月、東部シナイ半島の保養地シャルムシェイクを発ったロシア機が墜落して220人以上が死亡し、IS系組織が犯行声明を出している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。