「オウム真理教」信者ら松本死刑囚の説教聞く モンテネグロのメディア報じる

2016.03.30

 モンテネグロのメディアは29日までに、警察が首都ポドゴリツァ北方にあるダニロブグラードのホテルに踏み込んだ際、「オウム真理教」の信者らが教祖の松本智津夫死刑囚の説教をノートパソコンで聞いていたと伝えた。

 報道によると、部屋の窓にはカーテンが引かれ、ホテルの監視カメラはすべて覆いが掛けられていた。

 ホテルの所有者のブチコ・ラフチャニンさん(39)は29日、共同通信に対し、不動産会社を通じて、昨年末に初めて集団のリーダーとみられる男性に会ったと説明した。男性はウクライナ出身と名乗り、グループでインターネット関連の仕事をするため「高速インターネットが使える静かな環境が必要だ」として、ホテルの借り上げを申し出て、従業員らも遠ざけるよう求めたという。

 ホテルに滞在していた信者とされる集団は30人以上で、靴は履いておらず、自炊でビーツなどを食べていた。(共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。