中国、ギリシャ最大港を“爆買い” 欧州での影響力拡大へ

2016.04.09

 財政再建策の一環として国有資産の売却を進めるギリシャは8日、アテネ近郊にある同国最大のピレウス港を中国に売却することを決め、中国海運大手の中国遠洋運輸集団(コスコ・グループ)と契約に調印した。ギリシャのメディアが報じた。

 欧州での影響力拡大を狙う中国はギリシャを「欧州の入り口」として重視しており、ピレウス港を世界規模の海運の要衝にしたい考え。将来的には軍事的拠点としての活用も視野に開発を進める可能性もあるとみられる。ギリシャも中国からの投資に期待し、関係強化を図っている。

 報道によると、契約では、コスコはピレウス港を管理する会社の株式の51%を約2億8千万ユーロ(約345億円)で取得。港湾の整備・開発事業に3億5千万ユーロを投資し、5年後にさらに16%の株式を8800万ユーロで買い取れるという。(共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。