韓国与党幹部、核武装論で元米高官から“警告” 韓国メディア「大恥をかいた」

2016.04.29

 韓国で核武装論を唱える与党セヌリ党の元裕哲(ウォン・ユチョル)院内代表が27日、核保有の必要性をアインホーン元米国務省調整官に訴えたところ、理由を詰問された上、核武装の動きは「相当な代価」を支払うことになりかねないと“警告”された。

 元氏は、北朝鮮の核開発を「ただ見ているわけにはいかないのでは」と返答したが、米国が反対する独自の核保有を、核不拡散問題に取り組んできた専門家の前で披瀝(ひれき)して論破され「大恥をかいた」と韓国メディアは批判的に伝えた。

 元氏は韓国国会内での面会で「(自分は)北の核に対抗し平和の核を持たねばならないと主張してきた」と強調。米韓同盟の戦力は北朝鮮への相当な抑止力であることに疑いはないとも述べた。

 これに対しアインホーン氏は、米韓同盟が韓国防衛に十分機能しているなら「なぜ自前の(核)抑止力を望むのか」と矛盾を指摘した。

 元氏は、北朝鮮が1月に実施した4回目の核実験後に核武装論を唱え始め、2月に国会演説で「特段の措置」として核を持つべきだと明言した。 (共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。