元BBC記者が中国大物報道官を“論破” 南シナ海問題を正当化する論文の間違いを次々に指摘 (1/2ページ)

2016.05.26

 傅瑩報道官(共同)
 傅瑩報道官(共同)【拡大】

 【シンガポール=吉村英輝】中国が国際社会で、南シナ海問題での劣勢巻き返しに躍起になっている。海洋安全保障も議題となる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)や、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が近く下す判断で、逆風が予想されるためだ。ベテラン女性報道官に論文を発表させるなど攻勢を強めるが、都合良く事実を書き換える体質が、さらなる批判を招いている。

 流暢な英語で中国の主張を発信し「ミセス・プロパガンダ」の異名ももつ、全国人民代表大会(全人代)外事委員会主任、傅瑩(ふ・えい)氏は、米誌ナショナル・インタレスト(電子版)に、中国南海研究院院長の呉士存博士と、「南シナ海〜この局面にどう至ったか」(5月9日付)を発表した。

 同論文は、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)は、2009年までは良好な関係を維持していたと主張。同年に発足した米オバマ政権が「アジア回帰」政策を掲げ「南シナ海で中国と摩擦を起こし始めた」と、南シナ海問題で米国の“介入”を非難した。

 その上で、「主権を守り文民と防衛の必要に応えるため」、南沙(英語同・スプラトリー)諸島の実効支配地で13年、埋め立てを始めたと、自己正当化した。

 だが、元英BBC放送記者で英国王立国際問題研究所準会員でもあり、「南シナ海」(邦訳・河出書房新社)の著者、ビル・ヘイトン氏は、同誌で「魅力がなくけんか腰〜中国政府が偽造する南シナ海広報キャンペーン」(16日付)を掲載、中国の米国への責任転嫁に反論した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。