英科学誌・ネイチャーが韓国をバッサリ「カネでノーベル賞は買えない」 (1/2ページ)

2016.06.08

昨年のノーベル物理学賞を受賞した梶田氏(左)と医学・生理学賞の大村氏(共同)
昨年のノーベル物理学賞を受賞した梶田氏(左)と医学・生理学賞の大村氏(共同)【拡大】

  • <p>朴大統領</p>

 韓国の「ノーベル賞コンプレックス」に英科学誌ネイチャーが切り込んだ。科学分野の受賞者が1人も出ない背景を分析、国内総生産(GDP)比で世界最大級の投資を行う韓国に「カネより大事なものがある」と冷や水を浴びせている。

 「韓国が研究開発に世界最大の投資をする理由」と題した特集記事で同誌は、韓国の研究開発投資のGDP比が1999年の2・07%から、2014年に4・29%へと倍増、イスラエル(4・11%)や3%台の日本、2%台の米国や中国を上回っているとした。朴槿恵(パク・クネ)大統領は基礎科学予算の増額で経済危機の回避やノーベル賞受賞という希望を抱いている−と分析する。

 一方で文化的な障壁や官僚的な体質が研究の妨げになっているという研究者らの声を紹介。米国で博士号を取得した韓国人研究者の7割が米国にとどまったことや、女性研究者が同僚と遅くまで酒席に付き合わされるといった内情も明かした。

 人工知能(AI)の「アルファ碁」に韓国人囲碁棋士が敗れると、AI分野に1兆ウォン(約917億円)の投資を表明するなど政府の場当たり的な対応も問題視する。

 ノーベル賞をめぐっては、15年は北里大特別栄誉教授の大村智氏が医学・生理学賞、東京大宇宙線研究所教授の梶田隆章氏が物理学賞に決まり、日本の自然科学分野での受賞は21人になった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。