韓国海軍のゴミ、日本海に多数漂着 竹島の周辺海域で「防衛訓練」後に (1/2ページ)

2016.06.14

韓国海軍の漂流ゴミ
韓国海軍の漂流ゴミ【拡大】

 韓国軍と海洋警察が先週、同国が不法占拠している島根県・竹島(韓国名・独島)の周辺海域で「防衛訓練」(8、9日)を行った。菅義偉官房長官と外務省、島根県知事が「極めて遺憾だ」などと強く非難したが、最近、韓国軍に関する信じがたい報告が注目されている。同国軍のゴミが、日本海沿岸に多数漂着しているというのだ。

 日本海沿岸で次々に発見されているのは、韓国語(ハングル)で「軍用 戦闘用食糧」などと表記されたゴミだ。「ハムチャーハン」や「炒めキムチ」など数多くの種類があるといい、「韓国海軍」と刻印された缶も見つかっているという。

 夕刊フジで「漂流本線日本海」(木曜発行)を連載する、漂流物ウオッチャー、金正太郎氏は、韓国軍のこうしたゴミを回収している。

 金氏は「ゴミは食べ終わった容器などが多いが、中には『瞬間取食用』と書かれた、未使用の糧食セットまである。ひもなどを引っ張ると数分で一気に加熱されるものだが、ゴミとして沿岸に打ち上げられると、最悪、自然発火して火事になったり、子供が拾ってやけどをする危険がある。とても看過できない」という。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。