トランプ氏暗殺未遂 19歳少年、警官から銃を奪おうとして逮捕 米ラスベガス

2016.06.21

 米大統領選で共和党候補指名が確定している実業家、ドナルド・トランプ氏(70)が暗殺未遂事件に遭っていたことが分かった。今月18日、ネバダ州南部ラスベガスで行われたトランプ氏の選挙キャンペーン会場で、警察官から拳銃を奪おうとして逮捕された19歳の少年が、「トランプを殺すために来た」と供述、全米に衝撃が走っている。

 CNNテレビによると、少年は当日、会場で警備に当たっていた警官に「トランプ氏のサインをもらいに来た」と話しかけ、スキを見て拳銃をホルスター(革ケース)から奪い取ろうとした。

 少年はトランプ氏の殺害を約1年前から計画していたという。トランプ氏が当日にラスベガスに来ることを知ると、カリフォルニアの自宅からラスベガスまで車を運転。17日、生まれて初めて射撃場で銃の練習をしたという。

 少年はトランプ氏を拳銃で「殺したかった」と動機を話している。

 さらに「もし明日、通りで彼と出会ったら彼を撃つつもりだ」「ラスベガスで決行できなかった場合は次の会場フェニックス(アリゾナ州)に行くつもりだった」などと供述しているという。

 AP通信は容疑者が20歳だと報じている。

 捜査当局によると、少年は英国籍で、米ニュージャージー州に約1年半住んでいる。有罪となれば最高10年の禁錮刑が待っているという。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。